スポンサーリンク







ヤンキー・不良映画

ビーバップハイスクール登場人物まとめ

こんにちは!ヤンキー太郎です。

最近では不良やヤンキーと言われる人達だが、

80年代頃はツッパリと呼ばれていた。

 

私は平成生まれなのでちょうど私の親が高校生くらいがツッパリの時代だ。

そんなツッパリ達の憧れの漫画を実写化した映画がビーバップハイスクール

 

私は当然世代ではないのだが、

不良ブロガーとして見ないわけにはいかないと今回映画を見てみることにした。

今回は不良映画の元祖と言われているビーバップハイスクールを紹介したい。

 

ビーバップハイスクールのストーリー

 

ビーバップハイスクールのストーリーは昔の映画ということもあり、

とてもシンプルだ。

喧嘩を売って、買って、また喧嘩しての繰り返しだ。

 

ビーバップハイスクールの登場人物

ビーバップハイスクールの登場人物を紹介していく。

今ではベテラン俳優の若かりしころが見られるのが魅力の一つでもある。

 

ビーバップハイスクールの登場人物~中村トオル(中間徹)~

 

主人公の徹を演じているのは中村トオルさん。

当然ですが若い(笑)

リーゼントでもやはりイケメンはイケメンだ。

 

 

ビーバップハイスクールの登場人物~清水宏次朗(加藤浩志)~

 

徹と同じ高校で喧嘩の強さも徹と同等なのが清水さん演じる加藤。

徹が斜め後ろに流すリーゼントに対して加藤のリーゼントは、

両側サイドから前側に髪を集めているスタイルだ。

 

 

ビーバップハイスクールのここが面白い

 

ビーバップハイスクールの内容は上に書いたとおり特に特徴はない。

しかし時代が昔なので私からすれば全てが新鮮なのだ。

私がピックアップしたビーバップハイスクールの面白いところをご紹介したい。

 

もはや髪型がギャグ

相手を威嚇するはずのリーゼントもここまでくると笑わせにきているとしか思えない。

ニワトリなのか?!とツッコミを入れたくなる髪型だ。

 

 

スタントがむちゃくちゃ

 

ビーバップハイスクールの中で電車の中で喧嘩をするシーンで、

最後に敵を次々と開いた電車のドアから下の川に投げるシーンがあるのだが、

実はこれ、CGではないのだ。

 

いや、危なすぎる(笑)

実際に映画で見てもらえるとわかるのだが、

途中普通に柱とかあるのでタイミングを間違えたら確実に死ぬやつだ。

 

 

なんだか設定が甘い

 

最後に相手のボスとタイマンをするシーンがあるのだが、

喧嘩中に相手に手錠をかけられる。

お互いに手錠を付けあってるので、

お⁈これから手錠デスマッチがはじまるのか⁈

という空気になるのだが・・・

 

 

なんと4回くらい坂をゴロゴロ転がっていると手錠がいつの間にか外れてしまう。

ええええ⁈もう手錠終わり⁈っという何とも言えない気持ちになる。

そうなのだ、喧嘩のシーンもツッコミどころが満載なのだ(笑)

 

 

ビーバップハイスクールまとめ

 

今回は初代ツッパリ映画、

ビーバップハイスクールについてまとめてみた。

大人気漫画の実写版ということもあり、

今でもコアなファンに根強い人気があるらしい。


 

 ビーバップハイスクールを無料で見る



スポンサーリンク







-ヤンキー・不良映画
-,

Copyright© ヤンキー・不良.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.